アバターを利用した対人コミュニケーションに関する文献3選 2022年3月版

その他
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。

今回は「アバターを利用した対人コミュニケーションに関する文献」のご紹介です。

メタナビ.comでは不定期でこういった文献をご紹介していこうと考えておりますので、ご興味があればTwitter等フォローして頂ければと思います。

それではいってみましょう!

オンラインコミュニケーションツールを比較した論文

オンライン会議において、音声のみ、ビデオのみ、ビデオ付きアバター。ビデオなしのアバター、それぞれで比較して、エンゲージメント、インタラクション、プレゼンスの観点から重要な役割を果たすかどうかを調査したこちらの研究で、結果は、それぞれに特に有意差は無かったという報告です。

Gather Townという2Dのメタバースを利用した研究となります。

Gather | A better way to meet online.
Centered around fully customizable spaces, Gather makes spending time with your communities just as easy as real life.

Meetings in the Metaverse: Exploring Online Meeting Spaces through Meaningful Interactions in Gather.Town

アバターを利用した個人の社会的認識における研究

参加者の習慣的な表情や顔の外観を具体化したアバターを使って、参加者の主観的評価を記録しました。結果は、参加者が彼らの習慣的な表現を具体化したアバターがそうでないアバターよりも、より自分に似ていると感じ、さらに、自分の外見を具現化したアバターは、そうでないアバターよりも親しみやすいと感じました。

アバターを作るときは、より自分に似ているアバターを利用した方が親しみが持てるかもしれませんね。

Individual’s Social Perception of Virtual Avatars Embodied with Their Habitual Facial Expressions and Facial Appearance
With the prevalence of virtual avatars and the recent emergence of metaverse technology, there has been an increase in users who express their identity through ...

不安アバターの擬人化とその破壊による心理的不安の軽減効果

不安をアバターに見立てて、擬人化する。そして、それを観察したり破壊したりすることが不安の軽減に役立つ可能性があることを示唆する文献になります。

2つの実験を行い、研究1では、参加者は自分自身の不安を表すためにアバターを作ります。(すなわち、不安アバター)。それだけで、対照群と比較して状態の不安を大幅に軽減し、さらに、研究2では、その不安アバターを破壊または観察することを行います。

その結果、不安アバターの破壊は、すべての条件の中で最大の不安の減少をもたらしたとされます。

やはり、自分自身の内的世界の対照化としてのメタバースおよびアバターの利用は、メンタル医療においてキーワードになりそうです。

Customizing Your Demons: Anxiety Reduction via Anthropomorphizing and Destroying an "Anxiety Avatar" - PubMed
Character customization is a prominent feature in digital games, affording users the ability to tailor one's virtual self-representation (avatar) to match aspec...

メタバースクリニックのご紹介

株式会社comatsunaではメタバースを利用したヘルスケアコミュニケーションサービスであるメタバースクリニックというサービスを提供しています。こちらでは医師によるお悩み相談、自助グループ、座談会等のサービスがなんと無料で受ける事が出来ます。

メタバースクリニック
メタバースで医師によるお悩み相談、座談会、自助グループ等を無料で開催。メタバースで始まる新しい「つながり」のカタチ

コメント