流産してから半年以降は妊娠しやすいって本当?【メタバースクリニック】産科医と語る会

メタバースクリニックメタクリ
この記事は約5分で読めます。

メタバースクリニックとは

メタバースクリニックは、株式会社comatsunaが提供するメタバースを利用したヘルスケアコミュニケーションサービスです。医師によるお悩み相談、自助グループ、座談会等のサービスがなんと無料で受ける事が出来ます。

メタバースクリニック
メタバースで医師によるお悩み相談、座談会、自助グループ等を無料で開催。メタバースで始まる新しい「つながり」のカタチ

今回はメタバースプラクティショナーである産科医のWombanさんを招いて行われた「メタバースで産科医と語る会」についてです。

今回は一度流産を経験された、まさに今妊活中のAさんに参加して頂きました。

流産してから半年以降は妊娠しやすいって本当?

Kohekohe:Aさん、せっかく産婦人科ずっとされている先生がいらっしゃるんで聞いてみたいご質問とかあったりしますか?

Aさん:ああ、そうですね。ありがとうございます。産婦人科の先生のグリーフケアってあるんですけど私、死産ではないんですけど、去年の七月に流産して・・・。それで、「流産してから半年以降は赤ちゃんが出来やすい」みたいなことを聞いたことがあるんですけどそういうことってあるんでしょうか?

Wombanさん:それはどういうケースで流産されたかにもよりますね。1回妊娠するとやっぱりしやすいってことがあります。半年っていうのはちょっと何とも言えないんですけど「きちんと妊娠する」ってことですよね。

流産の八割ぐらいは、赤ちゃんというか胎児側の理由でどうしようもないというかね。受精した時に運命が決まってるというか。それが二回、三回繰り返して不育症とかっていうようなカテゴリーになっていますのでそういうケースの場合はまたちょっと違ってきたりもします。

グリーフケアの観点からすると、どの週数で流産したかにもよるんですけども、流産というそこまでのプロセスも人によって違うので同じ「流産」という状況であっても、自分の女性性を否定してトラウマになってしまう方もいれば、そこまであんまり重く捉えない方もいるので、なんとも言えないです部分はあるんですが。

流産をしてでもやっぱりその流産を受け入れられず受容できずに本来はある程度の時期、「その感情自体を自分の中で受け入れる」というか折り合いをつけていく時間っていうのが必要な場合もあります。

また新しくその子が生まれ変わりじゃないけれども「またその命がすぐ帰ってきてくれるんじゃないかな」みたいなことで妊活を始められる方もいるんですよね。

で仮に「また妊娠をしました」という事になって、ふと、その流産の時のことが出てきたりとかね。

ただ一回流産したということは、妊娠する機能は例えば卵管が少なくとも片っぽの卵管は通過していると。パートナーの精子の条件もある程度良い、と。そういうようなことが解るのでご年齢にもよるかもしれないけれども、一回も妊娠されない方とはまたちょっと違うかもしれない。

一回でも流産されたわけですね?

Aさん:はい

Wombanさん:これは週数はどのぐらいだったんでしょう?

Aさん:週数は8週ぐらいですね。いわゆる「9週の壁」とかいうやつを乗り越えられなかった・・・。

Wombanさん:壁と言ってもそれはインターネット用語で医学の用語じゃないんですが。心拍は見えたんですか?

Aさん:はい。それで流産で・・・。

Wombanさん:そうか、そうか。その何週の壁っていうのはインターネットの検索のためのワードだから、医学用語の中ではなくて。「心拍が見えるか、見えないか」なんですよね。

見えたということは、多分、赤ちゃん側の理由が七割・・・初めての流産でしたっけ?

Aさん:そうです。今、42歳なんですけど41の時に初めて。

Wombanさん:ああ、そうでしたか

Aさん:でも、だから自分はどちらかと言うと、さっき先生が話されたパターンでいうと後者で。良くも悪くもっていうか。「また一回妊娠できたから大丈夫だろう」みたいな感じでいて。

Wombanさん:来てくれた命に対して、その意味を感じるっていうことがあるのとないのと大分違うので。そこはもうそういう風に捉えていること自体は良いこととかいうわけじゃないけど、一つのやり方としてはちゃんとそこのところを、受け入れ需要しているということでもあるし。

確かに時間で言うと、年齢的なこともあられるのでやっぱりどうしても妊娠も妊娠率も下がることは下がります。やっぱり流産率がどうしても半分とか四割ぐらいになってしまうので。

Aさん:はい

Wombanさん:自然流産の率が。でも、確かに妊娠されている訳だから妊娠はするっていうことなのでそういう意味では年齢的のことも考えるとやっぱり早めの方が越したことはないっていうのは客観的にはね。

Aさん:そうですね。

子宮筋腫の手術をしたことがある人は絶対に帝王切開じゃなきゃダメ?

Aさん:子宮筋腫の手術とか既往症みたいな手術したことがある人って「絶対に帝王切開やってください」って言われるじゃないですか。助産院とかも断られましたし筋腫の手術とかした人が自然分娩できる病院ってあるんですかね?

Wombanさん:筋腫がどこにあったかにもよりますね。

Aさん:はい

Wombanさん:子宮の筋層にある筋腫というか、子宮の体部真ん中の筋腫を取った場合は別に自然分娩はできないことはないです。ただやっぱり子宮破裂っていうリスクがあると言われています。これに関してはどのぐらいの方が自然に産めるのか分からないんですが、今この時代なのでやっぱり医療のガイドラインっていうのがあってそれによると「子宮の本体にあった筋腫を核出術って言って、そこを切って筋腫を取り出した手術をした場合は帝王切開にしましょう」みたいなねそれが標準医療。

これはもう昔からそうなんで、そこをちょっと超越して下から産みましたと。それでまあ多分ほとんど上手く行くんだと思うんですけれども、やっぱり普通のそういう手術をされてない方と比べるとかなり重篤な状況になりやすい。ってなった場合にやっぱり、「どうしてそういうトライをしたのか?」と、医療者が説明がつかないというか。なので多分、ないと思いますね。

続きはYoutubeで

この後さらにAさんからの質問にWombanさんが回答して下さいました。

気になる方は是非続きをYoutubeでご覧下さい。

前編
中編
後編

コメント